ブログ

2016年09月23日

鍼灸師が考える筋トレで腹痛や下痢になる人の原因と対策

前回から話が続いております。

院長の市川です。

一般的に、運動で体を鍛える事でお腹の調子を整えることができる、と言われています

しかし前回も書いたとおり、私や代表の北川は運動をすることで腹痛や下痢が誘発されました。

その後もたくさんの患者さんと話をし出した答えは、

過敏性腸症候群のような下痢や腹痛、ガス症状が頻発する人が腹筋を直接刺激する運動をすると症状を悪化させる可能性が高い。

ですので、腹筋で症状が出る場合は腹筋の回数を減らすor刺激の少ない運動に変える、ことをおすすめします。

その理由を深くお伝えします。

運動するとお腹の調子が悪くなる。もしかしたら過敏性腸症候群の恐れがあります。
今ならLINEで1000円オフ 予約する>>

お腹の硬さと下痢腹痛の関係

%e8%85%b9%e7%97%9b

なぜお腹の筋肉を刺激すると、腹痛や下痢の症状が出てしまうのでしょうか。

その秘密は筋肉と内臓をつなぐ「反射」にあります。その名も体性(たいせい)―内臓反射」。

これは、お腹の筋肉(体性)の状態が悪化すると、反射的に内臓の働きも低下する体の仕組みです。

腹筋により筋繊維を傷つけ緊張させることで、腸の働きが低下し、腹痛や下痢を起こす。

このように、お腹の調子と腹筋の硬さは相互に影響し合う関係にあります。

実際に過敏性腸症候群で悩む方のお腹を確認すると、みんな腹筋がカチカチに緊張しています。

こんな運動が腹痛や下痢の原因になりやすい

反射の考えを元に、腹痛や下痢になりやすい運動とその理由を紹介します。

腹筋運動

%e8%85%b9%e7%ad%8b%e9%81%8b%e5%8b%95

まず腹筋運動について。

健康に問題のない方なら何も起こらないと思いますが、元々下痢や腹痛がある人は腹筋が硬く緊張しています

そこへ腹筋運動を行うことで、より強い緊張状態を作り出します。

すると「体性−内臓反射」でお腹の過緊張が腸の状態を悪化させます。

これが、腹筋運動により過敏性腸症候群などの症状が誘発される原因です。

スクワット

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%88

スクワットは下半身のトレーニングとして行われます。

そのためお腹と関係なさそうですが、問題は重いバーベル(重り)をかついで行う場合です。

背中をまっすぐに保ち体がバーベルに負けてつぶれないようにするには、腹筋に力を入れなければなりません。

そのためスクワットはトレーニングの王様と言われるぐらい全身運動であり、下半身だけでなく腹筋にもかなりの負荷がかかります。

結果として腹筋運動と同じような理由で症状の悪化に繋がるのです。

全力ダッシュ

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

腹筋やスクワットは、腸の前側に位置する腹筋が緊張することで悪影響を与えていました。

全力でダッシュする場合は、腸の後ろ側にある筋肉「大腰筋」と「腸骨筋」が影響します。

  %e8%85%b8%e9%aa%a8%e7%ad%8b %e5%a4%a7%e8%85%b0%e7%ad%8b

左の写真の黄色い部分が腸骨筋、右が大腰筋です。

%e8%85%b8

腸を透かして見ると、2つの筋肉が腸の後ろに位置することがわかります。

動画は足を上げるときに腸骨筋、足を後ろへ引く時に大腰筋が使われています。

何度もダッシュを繰り返すと、腸骨筋・大腰筋が緊張します。結果として腸の後ろから「体性−内臓反射」が起こります。

また体を安定させるため、見た目以上に腹筋も刺激されるので、腸を挟んで前と後ろの両方から悪影響が行くわけです。

事実、私は全力ダッシュのあと数分で、下痢と腹痛を発症しました。

お腹を気にせず全力ダッシュしたい。そんなあなたを応援しています。
今ならLINEで1000円オフ 予約する>>

腹痛や下痢を出さずにできるおすすめの運動

紹介した運動を見て分かる通り、強度の高い運動はお腹の症状を悪化させやすいです。

でも、運動そのものは健康にいいですし、私も患者さんにすすめてます。

お腹の症状が出やすい人へ、おすすめの運動をお伝えします。

紹介する方法でも症状が出る人はいますので、回数や時間はご自身の体調と相談して決めましょう。

負荷の軽い有酸素運動

健康のため、過敏性腸症候群改善のために運動したいのであれば

  • ウォーキング、ジョギング
  • サイクリング
  • 重りを使わず深く沈み込まないスクワット

このような負荷の軽い運動をおすすめします。

回数を調整して負荷の強い運動をする

腹筋で症状が出る場合でも、回数を減らすと大丈夫なケースはよくあります。

私自身の経験で話をすると、100回腹筋したら症状出ますが、20回であれば問題ありません。

また、筋肉痛が出るほど運動すると、お腹の調子が悪化しやすいです。

ですので、あなたに合った運動の回数を見つけることで、悪化させず腹筋ができます。

しばらく症状の出ない回数で続け、少しずつ回数を増やしていく方法をおすすめします。

お腹を気にせず運動できる毎日を目指して

今回は「運動した後、お腹の調子が悪い気がする」と感じている人へ、同じように悩んでいる人間もいることを知ってもらいたいと思い書きました。

書いたことでコメントをたくさん頂き、同じように悩んでいる人が思った以上に多いことにびっくりしました。(コメントは下部に)

下痢や腹痛など過敏性腸症候群の症状が怖くて全力で追い込めない、楽しく運動ができないという方がいると思います。

今回紹介した方法以外に、ストレッチやマッサージ、自宅灸などでお腹を緩めることができれば、もっと運動できるようになるので試してみて下さい。(ストレッチもやりすぎると悪化するので注意)

それでも難しければ鍼(はり)治療がおすすめで。鍼でお腹の筋肉を緩めることで腸の働きを正常にし、負荷の心配せず運動することができるようになります。

また、当院であればあなたの調子に合わせた運動のメニューなどもお伝えすることが可能です。

治療実績が豊富な過敏性腸症候群専門の鍼灸院でお腹の悩みを解決する。
今ならLINEで1000円オフ 予約する>>

コメント

みき

私も同じ症状です。冷え性で基礎代謝を上げようと、筋力を鍛えて基礎代謝を上げる様にと言われるがまま従い、スクワットと腹筋をしたところ悪化しました。現在、対処療法的に投薬中です。
悪化したのに、皆私を嘘つき扱いして信用してくれませんでした。薬を飲んでもお腹は壊すし腹痛は酷いし、頑張って1カ月続けましたが良くなる事は無く、体重も減ってきたので流石にスクワットと腹筋は辞めました。ふらふらになってきたので、自分の身体が一番大事なので、未だに思い込みだの非難され続けていますが…。一般論が全てに当てはまらないと気に入らない、他人を理解しようとしない持論が正しいと押し付ける人達とは距離を置きました。
まだ、腹痛は軽く続いていて違和感がある毎日で辛いです。早く普通の生活がしたいです。お腹を気にするなと言われても、気になって仕方がありません。

ふくぎ鍼灸院

みき様

コメントありがとうございます。院長の市川です。

冷え性を改善しようとした事から人間関係にまで影響がでてしまい、悲しい想いをされましたね。

運動は人を健康にする、というのは間違いない事実ですが必ずしも誰にでも健康をもたらすわけではないという事です。

運動は負荷と量が大事です。頂いたコメントにもあるように、みき様はきっと頑張りすぎていたのでしょう。

同じ様に運動で腹痛を起こす患者さんは当院でもいらしていますが治療で普通の生活が送れるようになっています。
みき様も早くお腹を気にしない生活が出来ることをお祈りしております。

ささりん

私も、もしかしたら?これかもしれません…
妊娠出産で緩んだお腹を引き締めたいと思い、背筋を伸ばしお腹を意識しながらウォーキングした日。
歩いているうちにだんだんお腹が怪しくなり始め、帰宅即トイレへということが二日続きました。

元々体の冷えがあり、最近特に乳房トラブルで炭水化物を減らさねばいけない状況になったため、冷えが強くなった所に汗をかき、更にお腹が冷えたのかと思っていましたが。。

何とも言えない所ですが、こういうこともあるのだと知ることができて良かったです。

ふくぎ鍼灸院

コメントありがとうございます。
何か参考になったのなら光栄です。

運動はかなり関係あると思います。
伸びないお腹を無理に伸ばせば力が入り続けますのでお腹の調子を悪くする原因になると思います。
合わせて、湿度というのは腸に影響が大きく、汗かくとやはり調子が悪くなるものです。

それでも運動が体にいいのは間違いありませんので、ご自身の体調に合わせて運動できるといいですね!

なお

学生の頃から過敏性腸症候群でした。
なにかあるとお腹にきて。。すぐ下痢になります。
ピラティスをしてるのですが、腹筋を使うとそのあとお腹をこわします。お腹よわいし、刺激はいって痛くなるんかなーと思ってましたが、[腹筋お腹こわす]で探してみると こちらにたどり着きました。IBSと関係あったんですね!

お腹痛くなる仕組みがわかって、おもしろかったです!!そして自分だけじゃなかったことも!
カラダっておもしろいですね。

鍼治療で改善するんですね(^^)1度受けてみたいなぁと思いました。

ふくぎ鍼灸院

コメントありがとうございます。
ピラティスは腸腰筋をたくさん刺激すると思うので、IBSの方は症状出てしまうかもしれませんね。
IBSの原因は色々言われますが、お腹の硬さが大きな部分を占めると思っています。
鍼はそれを緩めるのにうってつけなので、機会がありましたらぜひお試しください。

りー

自分も、もしかしたらこれかもしれません。
まだ中学生なのですが、体型のことも気になるし親から腹筋女子になってみればと言われたので、腹筋を始めたらお腹下しました。
同じ腹筋でも、これキツいなと思ったあとに必ずお腹が痛くなります。(軽めに腹筋をしたときは来ません。)
部活や趣味で、お腹を使ってやることが多いので少しでも鍛えとこうかなと思っていたところなのでちょっとショックです。

ふくぎ鍼灸院

りーさん、はじめまして。代表の北川です。
私も同じで軽い腹筋は大丈夫なのですが、キツイとこまでやるとダメでした。
一つの方法として、当院のような治療でお腹を緩めることでお腹の症状は出なくなります。私が出なくなりました。
もしくは、症状の出ない軽めの腹筋を地道に続ける方法です。
諦めず頑張りましょう!

まこ

40代女性です。運動後の腹痛、と調べてこちらにたどり着きました。私の場合、腹筋やスクワットをはじめてから便秘気味になった気がします。もともとはどちらかというとお腹がゆるいことが多かったのですが、、。そんなこともあるのでしょうか?

ふくぎ鍼灸院

まこさん、はじめまして。代表の北川です。
腹筋をすることで便秘と関係の深いお腹の部位が硬くなれば、便秘になる可能性はあります。
便秘・下痢・腹痛などの原因は、全てお腹の硬さにあるからです。
もちろん、他の要因も十分考えられますが・・・。

さくら

もともと、少しでもウエストがキツイとすぐにお腹を壊す方でしたので、子どもたちを産んでも骨盤ベルトができずに10年経ちました。(産後の骨盤矯正ができずにいました)すると、日中子どもを後ろに乗せて自転車をこぐ、やや重い長靴やブーツを履く、バスなどに長時間乗るだけで、夜になると胃痛、腹痛になり、悩んでいました。
妊娠前に婦人科の手術もしていたので、たぶん腸との癒着もあるかと思いますが、その痛みは、時間は短いのですが、出産よりきついと思うことがあります←出産は、ほとんど自力でできるくらい、出産の痛みには強いのですが…
お筋力の衰えの為と思い(もともと下半身が細く足腰が鍛えられていない)スクワットや軽いテレビ体操などから初めていましたが、やはり胃腸の調子がいまひとつ…
このままだと、かなり心配なのですが、
よく似た症状の方がいらして少し安心しました。私はどうしたら良いでしょうか?

ふくぎ鍼灸院

コメントとお電話ありがとうございました。
ご自身でなんとかするのは難しい体の状況と思いますので、ご紹介した院で改善されることを期待しております。

あき

体幹回りを鍛えたいのとスタイルアップの目的で腹筋、背筋、臀筋をマシン等で鍛え始めて1ヶ月位ですが、胃腸の調子がすごく悪いです…先日はちょっと食べすぎはしたのですが、嘔吐下痢。普通に考えればウイルス等なんでしょうが、直感的に、筋肉の刺激かと思っていたところ、こちらの記事を読みました。トレーニングは続けたいので、間隔をあけて、疲れを溜めない程度から始めてみようかと思っています。

ふくぎ鍼灸院

あまり言われませんが、あきさんのような方は結構います。
そして、ほとんどが原因不明とされ筋肉の緊張については見過ごされています。
続けようと思うと、仰る通りの方法でやるのがベストだと思います。
症状の出る負荷の限界点があると思うので、それを見つけることを意識して頑張ってみて下さい!

あき

体幹回りを鍛えたいのとスタイルアップの目的で、マシン等でトレーニングを始めて1ヶ月位ですが、胃腸の調子がすごく悪いです。先日はちょっと食べすぎて、嘔吐下痢…。直感的に筋トレが原因かと思い、こちらの記事に出会いました。

R

自分は体が細く高校生になっても50キロ弱しかなく、筋トレで体重を増やそうと思い筋トレをやったところ腹痛が酷くなり、ガスがたまりやすくなってしまいました。
授業中など腹痛がおきてもおならは我慢するしかなく終わったあとすぐトイレに駆け込むという生活をしています。
このような生活ももう3年続いており、もううんざりしています。
どうにかして治したいのですがどうすればいいのでしょうか。

ふくぎ鍼灸院

代表の北川です。
同じようにガリガリで筋トレを始め、同じように症状が悪化した身としてお気持ちよくわかります。
提案できる一番の方法はやはり鍼(はり)治療になります。
私はこれでとても改善しました。
合わせてガスが出づらい食事(低フォドマップ)にすることでガスを減らすことは有効だと思います。

外食で下痢やガスが怖い人に一番向いている低フォドマップ食はこれだ!

みさと

はじめまして。
息子がそうかもしれません。私も腹筋すると下痢します。
息子は小学1年生で、サッカーをしてます。
過去に2回下痢を漏らしたことがあり、何回もサッカー後、腹痛と下痢を繰り返してます。
鍼治療の他に改善する方法はないですか?

ふくぎ鍼灸院

みさと様、コメントありがとうございます。
私も小1の娘がおりますが、症状心配ですね。
理論的には硬くなっているお腹の筋肉が緩めばいいです。
サッカー前に、お腹や太ももの前側、腰のストレッチをしていただくといいかもしれません。
その際に、痛いほどやらないのがポイントになります。
改善するというより、出づらくするつもりでやってみて下さい。

ひろ

はじめまして。
筋トレ後の腹痛に悩まされておりこの記事を読ませていただきました。私の場合は普通の腹筋(上体起こし)でトレーニングしていた頃は大丈夫だったのですが、腹筋ローラーを使いはじめてから腹痛が起こるようになり、腹筋を伸ばす運動が原因なのかと思っていました。この記事のお話と他の方へのコメント返信を参考にして、まずは
・一度の回数を減らしてみる
・ストレッチをしてお腹の筋肉を緩めてみる
の2点を試してみたいと思います。良い情報をありがとうございました。

ふくぎ鍼灸院

ひろ様
コメントありがとうございます。
記事やコメント、参考になりましたら幸いです。
腹筋ローラーは名前に「腹筋」とありますが、実際には上半身全体を使う運動です。
上体起こしがお腹の上部にしか効かないのと比べ、かなり差があります。
そのため腹筋だけでなく、背中や腰の筋肉も緩めるようなストレッチを取り入れるのがおすすめです。

くろみ

有益な情報をありがとうございます。
長年、過敏性帳症候群に悩まされてきた40代主婦です。ガス腹がひどく、ストレスや緊張がかかると下痢する体質です。
年齢的に下腹太りが気になり下半身筋トレを始めたのですが、軽いストレッチ程度のときは大丈夫だったのに、負荷をかける筋トレに変えた途端、筋トレ数時間後に下痢するようになってしまいました。
最初は筋トレと思わず、コロナ鬱か?!と思いました。でも筋トレしない日は大丈夫なのです。
先生の記事を読んで腑に落ちました。
せっかく始めた筋トレ、下痢しない程度に続けたいですが、どこが境界線なのかわかりません。

ふくぎ鍼灸院

くろみ様
コメントありがとうございます。
境界線については、本当にその人次第になるため、自分の体で試していくしかないと思います。
私の体験談ですが、
腹筋50回→筋肉痛が治るまで5日ほど下痢
腹筋20回→翌日まで下痢
腹筋10回→下痢なし
以上の結果、10回だけを繰り返すことで(10日程度)20回やっても下痢にはならなくなりました。
筋肉痛は筋肉繊維の損傷と言われているので、筋肉痛が出ない程度に行うのもポイントになるかもしれません。
参考になりましたら幸いです。

YOU

はじめまして。
二年連続で謎の下腹部痛で苦しんでいる40代(woman)です。

下痢も嘔吐もない、波のように襲ってくる下腹部痛になりクリニックへ行きました。
ブスコバンや整腸剤を飲んでも治らず、何か良い情報はないかと検索していてこちらに辿り着きました。

昨年の同じ症状で、今年も…。
共通点を探した所、昨年はダイエットの為に毎日腹筋を約半月、今年は骨盤底筋を鍛えるというヨガを始めてからという事に気がつき、もしかして腹圧と関係が?と。

私は発症してから腹筋もヨガもすぐやめていますが、下腹部痛は今日で4日目です。

皆さんの書き込みや先生のお答えを読んだのですが、皆さんの下痢や腹痛は1日で治るのですか?
何日も続く事もあるのでしょうか?

症状としては
お腹の張り
押すと痛い
寝返りや歩くと痛い
一時微熱
下痢嘔吐なし

クリニックに行っても婦人科へ行っても、解決しないのでコメントさせて頂きました。

ふくぎ鍼灸院

コメントありがとうございます。
まさか運動で腹痛になるとは思いもしませんよね…。

私の経験ですと、運動をやめてからも症状は続きました。
3〜4日は毎日腹痛と下痢で、その後も鈍い痛みは続き下痢になりやすかったです。
元に戻るのに2週間くらいかかったと記憶しています。
YOUさんも早く回復されるといいですね。
もし、数週間で元に戻ったらまた教えていただけると他の人の参考になりますので、余裕がありましたらお願いします。

YOU

お返事ありがとうございました。
回復するまで2週間もかかることもあるのですね。

発症してから今日で約一週間。
いまだに下腹部痛が残っておりガスが溜まっている感じです。

内科と産婦人科で検査もしたので、検査結果が出ましたら改めてご報告させて頂きたいと思います。
(子宮筋腫等の持病もあるので)

ふくぎ鍼灸院

報告ありがとうございます。
他の持病があるなら、検査しておいたほうがいいですね。
また改めてご報告頂けますと嬉しいです。
よろしくお願いします^^

ちゃちゃ

はじめまして。30代前半の主婦です
私も過敏性腸症候群に悩んでいます
学生の頃約10年間スポーツをやっていて、厳しい部活でしたので筋トレも毎日あり、また地方の駅伝にも出たり長距離を走ったりも出来ていて体力には自信があったのですが、出産をして体質が変わりました。
デニムはもちろん、ゴムパンツ少しでもきつく感じると下痢をします
腹筋も10回すると数時間後には下痢。
現役時代では考えられないほどショックですし、洋服が大好きで着たい服が着られないのがとても辛いです。
出産後デニムを履けなくなって何年も眠っている状態で、捨てるにもできません
お腹の事を考えすぎで気持ちから下痢になるのかな?と思ったりもしたのですが。。。

妊娠すると内臓の位置も変わるからなのかな?と考えたりしていましたが、、、

この記事を読ませてもらいお腹が硬いからという事にびっくりしました
緊張していると言う事なのでしょうか?

鍼治療はどのくらいら通えば改善されるとか目安はありますか?
元々体を動かすのが好きなので気にせず運動もしたいですし可能性があるなら好きな洋服を着たいと思っています

長々とすみません

ふくぎ鍼灸院

ちゃちゃさん、コメントありがとうございます。
女性で出産後からお腹の調子が悪くなることは多いようで、同じような方がよく来院されます。
逆に出産で改善した、という人もいるので何か大きな変化が起きているんだろうなと思っています。

ご質問の回数についてですが、ここに書かれている情報だけで判断すると5回の治療でかなり改善するのかなと感じました。
あくまでも専門院である当院で、ということなので他の鍼灸院だとまた回数は変わると思います。
運動したり、好きな服を着れるようになる可能性、全然ありますよ!
応援してます。

YOU

昨日、やっと婦人科で受けた色々な検査結果が出ました。
全て大きな異常はありませんでした。

子宮筋腫は大きめなものがいくつかあるのは変わりませんが、腸の内視鏡検査も定期的にやっていますので、結局内科も婦人科も問題なしという事だと思います。

という事はやはり、運動が関係しての腹痛だったのかなと感じています。
思い起こせば腹痛が起こる前日、入浴中にお腹に触れた時「あれ?なんか下腹部が硬いな」と感じました。

ふくぎ鍼灸院さまが仰る通り、お腹が硬くなるというのが自分の症状にピッタリ合う気がします。
元々便秘や腹痛を起こしやすい体質なので、運動で更にお腹が硬くなってしまったのだろうと。

骨盤底筋を鍛えるヨガの後、激しい腹痛で3日ほど苦しみ、少しづつ痛みが減って来て、元の状態に戻るまでちょうど2週間かかりました。
ふくぎ鍼灸院さまの経験と同じで驚きました。

現在は腹筋に過度な負担をかけないようヨガをちょっとづつ再開して、自分に合う強度を模索しています。
あとはお腹が硬くならないよう優しくマッサージをするようにしています。

この度は、こちらの記事に出会えてとても勉強になりました。
ありがとうございました。
運動でお腹を悪くして困っている方の参考になればと思い長文ですが送らせて頂きました。

ふくぎ鍼灸院

ご丁寧に返信ありがとうございます。
調べても特に問題ないということは筋肉からの影響だと思います。
私と同じ2週間ほどで改善したとのことで、非常に参考になりました。
ご自身に合った負荷探しながら、ヨガ頑張ってください!

ひろりん

私も、ここ2週間、お腹がチクチクはった感じで、便秘する日もあります。婦人科も行ったけど、、問題ないようで。
そしたら、確かにここのところ、腹筋を頑張ってました。過敏性でもあるので、皆さんのを読んで、原因は、腹筋だと思います。

腰痛を治すため、毎日やっていましたが、だんだん気合い入りすぎたようです。

元のペースにしたらなおるでしょうか?
マッサージしたがいいのでしょうか?

ふくぎ鍼灸院

痛みや下痢がある場合は、できるだけお腹に刺激を入れない方がいいと思うので、マッサージはおすすめしてません。
症状改善後、再発しないペースを探しながら頑張ってみてください。

たね

はじめまして。20代前半です。先週から一週間原因不明の下痢に悩まされています。
最初の日は朝目が覚めたとき強い腰痛で1時間ほど布団から起き上がることができず、その後下痢と腹痛が始まり、翌日から寝ていないと耐えられないくらいの症状になりました。夜になると37℃くらいの微熱がありました。
症状が出た翌日に胃腸内科に行って整腸剤をもらったものの効かず、症状が出た4日後に別の内科でウイルス性胃腸炎だと診断され抗生物質をもらい2日絶食したもののまた食事を始めると下痢がはじまってしまいました。
そこで診断とは異なる原因があるのではと調べた結果、ここにたどり着きました。お腹のたるみが気になって、先週から合唱団所属時代(4年前)の体感トレーニング(腹筋50回・背筋10回/日)とスクワット(10回/日)をいきなり始めて、4日目に症状が出ました。そのため、筋トレが原因ということならかなり納得がいきます。
過去にコメントされているYOU様など含め2週間程度で症状は治るとのことですが、こうした筋トレによる腹痛の場合、回復まで食事はどのようにすることが望ましいのでしょうか。また生活で気をつけると良いことなどありましたら教えていただきたいです。
なお絶食前にはずっと下腹部痛があったのですが、それに関してはほとんどなくなりました。現在は下腹部がうっすら、意識すれば痛いものの起きて活動することはできます。痛みのある下腹部は少し盛り上がっているように見えます。食欲もあります。
長々と申し訳ありません。よろしくお願い致します。

ふくぎ鍼灸院

筋トレによる下痢の場合にどんな食事がいいのかはなんとも回答が難しいです。
何を食べても下痢になってしまう状況ですし、食べ物を変えることで改善するものでもないので。
今回の場合微熱があったとのことで、感染症の可能性はあるので胃に負荷が少ないものがいいかもですね。

アツ

本当に二週間程でなおりますか?私も骨盤底筋体操をした翌日からだんだん下痢ではないのに下痢の様にお腹がずっといたくてつらいです。1週間たちましたがぜんぜん楽になりません。今更年期障害で自律神経失調症であることも関係しているのでしょうか? 以前は同じ体操をやってもなんの問題もなかっわたんです。不安でいっぱいです。

ふくぎ鍼灸院

2週間というのは私やここに情報を寄せて頂いてる数名の方の実体験であり、確定したものではないのでご了承ください。

ぴょん

 私も23:00頃に、お尻を軸にして膝を引きつけ下腹部を刺激する筋トレを行ったら、24:00過ぎくらいにお腹がゴロゴロし出し、腹痛を発症しました。
 元より、激しい腹痛は年に数回起こるタイプなのですが、今回はそれに匹敵するものでしたので書き記しておきます。
 呼吸は浅く(喉に何か詰まったような感じで空気が肺まで行かない感じ)、音の聞こえは鈍くなり(水の中にいるような感じ)、身体の中の熱が一気に放出したのか周りの空気が物凄く冷たく感じました。
30分経ち、今はだいぶ良くなりましたが、久しぶりに死を覚悟しました笑

 これも過敏性腸症候群によるものなのでしょうか?

ふくぎ鍼灸院

貴重な情報ありがとうございます。
私の体験した痛みとは違いますが、大変さが伝わってきます…。
過敏性腸症候群と関係あるかはわかりませんが、腹痛で迷走神経反射のような症状が出たのかも知れません。

バフ

このサイトを見つけてコメントさせていただきます。
自分が過敏性大腸でセレキノンを病院でもらっています、他のトレーニングは問題ないのですがアブローラー(立コロ)をすると次の日おなかがチクチクして一日便の回数が5~6回になります。
普通の腹筋運動だとなりませんが高負荷腹筋のみこのような症状が出ます。
アブローラーは腹部すべて鍛えられるのに残念です。
先生の記事を見てこんなこともあるんだと納得できました、ありがとうございます。

ふくぎ鍼灸院

ご報告ありがとうございます。
おっしゃるとおり、高負荷な腹筋ほど腹痛や下痢の原因になるようです。
なにかのお役にたったなら嬉しいです。

金山澤 雅紀

僕も同じ症状です。野球部で毎日困っています。
スクワットは一日に何回何セットすれば良いですか?

ふくぎ鍼灸院

下痢と運動負荷の関係は個人によってまったく異なります。
まずは、どれくらい運動するとお腹の症状が出るのか探り、症状の出ない負荷からやっていくのがいいのではないでしょうか。

すみ

産後たるんだお腹を引き締めるためにプランクをしたところ、数時間後に激しい腹痛&下痢に襲われました…。
最初は気のせいかと思っていましたが、筋トレをすると必ず腹痛&下痢になります。
妊娠前はこのようなことはならなかったのに。体質が変わってしまったのでしょうか?

ふくぎ鍼灸院

妊娠前後で体質が変わり、お腹の症状が出る・または治るケースは実際の患者さんでも多くあります。
ホルモンの影響と言われますが、あまり研究されていない分野なのではっきりしたことはわかりません。
授乳が終わると体調変化する場合もありますが、今は腹痛&下痢が起こらない負荷でプランクされるのがいいと思います。

あゆみ

最近反り腰改善とダイエットをするために、腹筋や常におしりとお腹に、力を入れるというのをしています。そういったことを、おすすめしている動画のコメント欄では、このようなリスクがあることを紹介されてませんでした。そのためこのようなリスクがあるのを、知らずに自分でしてたら段々と下痢や腹痛の回数が増えたため、このサイトを見てこれだ!となりました。先生が書いている方法で無理のないように、色々試してみて自分に合うダイエット方法を探してみます。

ふくぎ鍼灸院

当院のブログがあゆみ様のお役に立てたなら大変嬉しく思います。
反り腰の方は、お腹の調子が悪くなりやすいことが多いのでご自身の調子に合わせて運動することをおすすめしています。

なな

こちらのサイトを見つけ、感動してコメントさせていただきます。過敏性腸症候群と言われてから、25年以上、この症状と付き合っています。これまで、ありとあらゆる検査をしてきましたが、特にこれといった原因は見当たりません。体自体は異常無しです。過敏性腸症候群の一つの特徴のように思っています。体を鍛えようと、コロナ前に約2年程、ジムに通っていました。ところが、お腹周りを鍛えるトレーニングをすると、決まって腹痛・下痢になっていました。原因がわからず、食事の問題か、プロテインも飲んでいましたので、プロテインの問題かと思い、食事を制限してみたり、プロテインを飲むのをやめたり、色々と試してみたものの、効果は無し。決まって、お腹のトレーニングを行うと下痢になっていました。SNSで、書き込みをしてみたり、スポーツトレーナーの方に聞いてみたりもしましたが、原因がわかりませんでした。その後、引越しやコロナがあり、ジムは辞めてしまいました。過敏性腸症候群の症状は、その後も、繰り返し続いています。調子がいい時は、お腹の症状が全く出ないこともありますが、一度スタートすると、頻発します。ここ最近(約2ヶ月ほど前から)再びジムに通いはじめました。過去の経験から、なんとなく、お腹周りのトレーニングは避けていましたが、腹筋を鍛えてしまったら。。また腹痛・下痢が始まってしまいました。以前と同じ症状だ。。。と思い、調べていたら、こちらのサイトに出会いました。内容を読んで納得しました。健康のために運動や筋トレを始めたのに、それが原因で不快な症状を引き起こすとは、本末転倒な気がして、ジムに行く気力と、筋トレを行うテンションが下がっています。とはいえ、運動自体はゆるく続けていきたいので、負荷を軽くし、お腹周りの筋肉にに負担をかけない程度に続けていきたいと思っています。本文にも書かれているように、ウォーキングや軽いランニングでは症状が出ないため、有酸素運動を中心に運動を続けていこうと思います。原因がわかって、少し安心しました。貴重な内容を情報発信してくださり、本当にありがとうございます!!

ふくぎ鍼灸院

ご自身の詳細な経過や状況をご共有くださりありがとうございます。
頂いたコメントを読んで励まされる人や気づく方も多くいると思うので、とても嬉しいです。

ご承知の通り、有酸素運動はリラックス効果もあり過敏性腸症候群を悪化させる可能性も低いためぜひ続けて頂きたいです。
なな様が少しでもお腹を気にしない日々が送れることを願っております。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

過敏性腸症候群, 腹筋, 運動, ダッシュ, スクワット, 体性ー内臓反射, 腸腰筋,

同じカテゴリーの記事を見る

営業時間の短縮について

営業時間の短縮について

2024年の1月11日より木曜日の営業時間を短縮いたします。...

【NHK】チョイスで紹介された過敏性腸症候群特集

【NHK】チョイスで紹介された過敏性腸症...

2023年1月14日にNHKの「チョイス」で過敏性腸症候群が...

低フォドマッププロテインのFODUP(フォドアップ)を飲んでみた

低フォドマッププロテインのFODUP(フ...

過敏性腸症候群専門のふくぎ鍼灸院、院長の市川です。2022年...

カテゴリー

array(36) { [0]=> object(stdClass)#7732 (3) { ["month"]=> string(1) "1" ["year"]=> string(4) "2024" ["post_count"]=> string(1) "1" } [1]=> object(stdClass)#7730 (3) { ["month"]=> string(1) "1" ["year"]=> string(4) "2023" ["post_count"]=> string(1) "1" } [2]=> object(stdClass)#7815 (3) { ["month"]=> string(1) "7" ["year"]=> string(4) "2022" ["post_count"]=> string(1) "1" } [3]=> object(stdClass)#7816 (3) { ["month"]=> string(1) "1" ["year"]=> string(4) "2022" ["post_count"]=> string(1) "1" } [4]=> object(stdClass)#7748 (3) { ["month"]=> string(2) "11" ["year"]=> string(4) "2021" ["post_count"]=> string(1) "1" } [5]=> object(stdClass)#7747 (3) { ["month"]=> string(1) "6" ["year"]=> string(4) "2021" ["post_count"]=> string(1) "1" } [6]=> object(stdClass)#7746 (3) { ["month"]=> string(1) "4" ["year"]=> string(4) "2021" ["post_count"]=> string(1) "1" } [7]=> object(stdClass)#7745 (3) { ["month"]=> string(1) "3" ["year"]=> string(4) "2021" ["post_count"]=> string(1) "1" } [8]=> object(stdClass)#7743 (3) { ["month"]=> string(2) "10" ["year"]=> string(4) "2020" ["post_count"]=> string(1) "1" } [9]=> object(stdClass)#7742 (3) { ["month"]=> string(1) "9" ["year"]=> string(4) "2020" ["post_count"]=> string(1) "1" } [10]=> object(stdClass)#7741 (3) { ["month"]=> string(1) "8" ["year"]=> string(4) "2020" ["post_count"]=> string(1) "1" } [11]=> object(stdClass)#7738 (3) { ["month"]=> string(1) "7" ["year"]=> string(4) "2020" ["post_count"]=> string(1) "1" } [12]=> object(stdClass)#7737 (3) { ["month"]=> string(1) "3" ["year"]=> string(4) "2020" ["post_count"]=> string(1) "1" } [13]=> object(stdClass)#7736 (3) { ["month"]=> string(1) "7" ["year"]=> string(4) "2019" ["post_count"]=> string(1) "1" } [14]=> object(stdClass)#7726 (3) { ["month"]=> string(1) "2" ["year"]=> string(4) "2019" ["post_count"]=> string(1) "1" } [15]=> object(stdClass)#7716 (3) { ["month"]=> string(1) "1" ["year"]=> string(4) "2019" ["post_count"]=> string(1) "2" } [16]=> object(stdClass)#7729 (3) { ["month"]=> string(1) "7" ["year"]=> string(4) "2018" ["post_count"]=> string(1) "1" } [17]=> object(stdClass)#7717 (3) { ["month"]=> string(1) "6" ["year"]=> string(4) "2018" ["post_count"]=> string(1) "1" } [18]=> object(stdClass)#7712 (3) { ["month"]=> string(1) "1" ["year"]=> string(4) "2018" ["post_count"]=> string(1) "1" } [19]=> object(stdClass)#7711 (3) { ["month"]=> string(2) "12" ["year"]=> string(4) "2017" ["post_count"]=> string(1) "1" } [20]=> object(stdClass)#7710 (3) { ["month"]=> string(2) "11" ["year"]=> string(4) "2017" ["post_count"]=> string(1) "2" } [21]=> object(stdClass)#7709 (3) { ["month"]=> string(2) "10" ["year"]=> string(4) "2017" ["post_count"]=> string(1) "1" } [22]=> object(stdClass)#7708 (3) { ["month"]=> string(1) "9" ["year"]=> string(4) "2017" ["post_count"]=> string(1) "3" } [23]=> object(stdClass)#7707 (3) { ["month"]=> string(1) "8" ["year"]=> string(4) "2017" ["post_count"]=> string(1) "2" } [24]=> object(stdClass)#7706 (3) { ["month"]=> string(1) "7" ["year"]=> string(4) "2017" ["post_count"]=> string(1) "1" } [25]=> object(stdClass)#7705 (3) { ["month"]=> string(1) "6" ["year"]=> string(4) "2017" ["post_count"]=> string(1) "6" } [26]=> object(stdClass)#7704 (3) { ["month"]=> string(1) "5" ["year"]=> string(4) "2017" ["post_count"]=> string(1) "4" } [27]=> object(stdClass)#7703 (3) { ["month"]=> string(1) "4" ["year"]=> string(4) "2017" ["post_count"]=> string(1) "1" } [28]=> object(stdClass)#7702 (3) { ["month"]=> string(1) "3" ["year"]=> string(4) "2017" ["post_count"]=> string(1) "2" } [29]=> object(stdClass)#7701 (3) { ["month"]=> string(2) "12" ["year"]=> string(4) "2016" ["post_count"]=> string(1) "2" } [30]=> object(stdClass)#7700 (3) { ["month"]=> string(2) "11" ["year"]=> string(4) "2016" ["post_count"]=> string(1) "2" } [31]=> object(stdClass)#7699 (3) { ["month"]=> string(1) "9" ["year"]=> string(4) "2016" ["post_count"]=> string(1) "3" } [32]=> object(stdClass)#7698 (3) { ["month"]=> string(1) "8" ["year"]=> string(4) "2016" ["post_count"]=> string(1) "3" } [33]=> object(stdClass)#7697 (3) { ["month"]=> string(1) "6" ["year"]=> string(4) "2016" ["post_count"]=> string(1) "3" } [34]=> object(stdClass)#7607 (3) { ["month"]=> string(1) "4" ["year"]=> string(4) "2016" ["post_count"]=> string(1) "1" } [35]=> object(stdClass)#7583 (3) { ["month"]=> string(1) "9" ["year"]=> string(4) "2015" ["post_count"]=> string(1) "4" } }

過去の記事

ID:@yyi0081v

ページTOPへ

お気軽にお問い合わせください

052-734-9087

予約・お問い合わせ