産婦人科医が語る過敏性腸症候群ガス型の影響と低フォドマップ食の効果 ふくぎ鍼灸院のブログ

名東区高針台1-107 予約・お問い合わせ

ブログ

2019年02月08日

産婦人科医が語る過敏性腸症候群ガス型の影響と低フォドマップ食の効果

院長の市川です。

当院の患者さんから非常に興味深い話をお聞きしたので、みなさんにもシェアしたいと思います。

低フォドマップ食でガス型が大きく改善したAさん

ふくぎ鍼灸院にガス症状で悩んでいた患者Aさん。

Aさんはふくぎ鍼灸院に来る1カ月程前、低フォドマップ食という食事療法を試したところガス症状は8割ほど改善しました。

残りった症状の改善と、食事療法が正しくできているのか知りたくて来院。

通院中に色々とお話をしていると、なんとAさんは産婦人科医とのこと。

お話の中で妊婦さんや婦人科系の病気で病院に来る方がガス症状で悩まされていることを聞き、皆さんにも知っておいてもらいたいと思いブログにまとめました。

ブログにまとめることはAさんから快諾いただきました。ありがとうございます!!

大きく4つのトピックスになります。

その1:乳酸菌摂取で腸にいっぱいのガスがたまる

ヨーグルト

Aさんは低フォドマップ食を知る前、過敏性腸症候群専門の病院を受診して乳酸菌を勧められました。

乳酸菌摂取後、あまりにもガスが溜まって苦しいためレントゲンを撮影したところ、腸がガスでいっぱいに。

通常ガスは大腸で発生するのですが、あまりにも量が多すぎて小腸までガスがいっぱい溜まり、何も知らずにこのレントゲン画像を見たら麻痺性腸閉塞と判断するくらいひどい状態だったそうです。

「乳酸菌=お腹にいい」という固定概念を疑おう

過敏性腸症候群に対して乳酸菌をすすめるのは、IBS専門病院でもよくあります。

ですが実際にはAさんのようなケースもあり、ふくぎ鍼灸院でも同じような話はよく聞きます。

どんな症状の人にもプラスに働く食べ物はありません。

「乳酸菌は絶対に身体に良い!」という固定観念は捨て、あなたの体の変化を信じて食べるものは選びましょう。

その2:漢方薬からなくせないフォドマップの乳糖

漢方薬

漢方薬はガス症状を悪化させる可能性があるとの話。

Aさん自身、漢方薬を飲むとガスがたまってしまうようです。

Aさんが調べたところ、大手漢方メーカー(ツムラ、クラシエ)の桂枝加芍薬湯、大建中湯など、腹部症状に効果のあるすべての漢方薬には添加物として乳糖が入っています。

ツムラに確認したところ「乳糖を混ぜることで成分を安定化させているため無くすことはできない」と言われたそうです。

Aさんの病院ではガスが増えないよう、処方する前になるべく低フォドマップを試すよう提案しているとのこと。

調べると漢方薬とガスの量は関係がありそう

この話を聞いて、漢方薬の乳糖がガスの量にどの程度影響があるのか調べてみました。

乳糖コーティング漢方エキス製剤による乳糖不耐症の頻度について』という論文の中で、このようなことが書かれています。

ツムラの大建中湯には1日の分量15g中に3.75g以下の乳糖が含まれている。正確な乳糖含有量は社外秘のため未公表。

『過敏性腸症候群の低フォドマップ食 FODMAP』(宇野良治著)によると、乳糖の低フォドマップ導入期(一番食事制限が厳しい期間)の推奨量が1.25~1.5g、チャレンジ期(自分に合わない食材を確認する期間)以降では4gまでとされています。

ここから言えるのは、導入期に漢方薬を飲むと乳糖の推奨量を超えてしまう可能性がある。

チャレンジ期以降でも漢方薬と一緒に食品から少量の乳糖を摂取すると、推奨量を超えガスの症状が悪化する可能性があるので注意が必要です。

その3:妊婦さんの二人に一人がガスで悩む?!

妊婦のエコー

次にお聞きしたのが、妊婦さんの話です。

それまでお腹に異常がなかった女性でも、妊娠をきっかけに便秘などお腹の症状に悩まされることが多いことはよく知られています。

実はガス症状もその1つで、Aさんの体感としては「妊婦さんの二人に一人がガスに悩んでいる」とのことでした。

ガスで悩んでないか確認すると「実は…」ということもよくあるそうです。

ガスが溜まっている妊婦さんにエコー検査で赤ちゃんを確認しようとしても、ガスが邪魔をして赤ちゃんの状態がわかりにくいことも。

でもご安心ください。

「時間をかけて診てあげれば赤ちゃんの状態は分かります」とのことです。

Aさんは僕にも「エコー検査でガスが溜まった状態を見てもらいたい」とおっしゃっていただきました。

それくらい大変な状態の人が多いということだと思います。

妊婦さんの便秘は鍼灸で改善できるケースも多いので、ガス症状もお手伝いできるのではないかなと思っています。

その4:ガスの量が減ると月経困難症が改善した

女性腹痛

ある月経困難症の患者さんにエコー検査を行うと、子宮が正常な位置になく向きも正常な方向を向いていない事があったそうです。

どうやらその原因はお腹に溜まったガス。

ガスが子宮を圧迫し悪影響を及ぼしていると考えたAさんは患者さんに低フォドマップ食を行うよう指示。

するとガスが減り、子宮の位置や向きが正常になり月経困難症が改善することで、処方していたピルは必要なくなったとの事でした。

鍼灸治療でもガスと月経困難症のつながりを感じる

ふくぎ鍼灸院に来院する女性患者さんも、生理前や生理中に過敏性腸症候群の症状が悪化する方が多いです。

鍼灸治療の考え方でも、ガスと月経困難症のお腹の反応点はとても近い関係があります。

過敏性腸症候群と月経困難症を同時に治療できるのも、鍼灸の利点です。

参考:生理前後で下痢やガス型が悪化する原因を考える

 

 

Aさんから教えていただいた話はどれも興味深く、鍼灸師ではできない画像診断での変化を知る事ができ非常に参考になりました。

今回のような有益な情報があれば、また紹介させていただきます。

コメント

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

同じカテゴリーの記事を見る

世界仰天ニュース『恐怖症スペシャル』で紹介された過敏性腸症候群のまとめ

世界仰天ニュース『恐怖症スペシャル』で紹...

ふくぎ鍼灸院の北川です。2019年1月22日放送の「ザ!世界...

過敏性腸症候群向けのヨガは低フォドマップ食と同じくらい効果がある

過敏性腸症候群向けのヨガは低フォドマップ...

12月より、ふくぎ鍼灸院での過敏性腸症候群専門ヨガ教室が始ま...

名古屋でおならや便秘にお腹の腸活ヨガ教室やってます

名古屋でおならや便秘にお腹の腸活ヨガ教室...

代表の北川です。 ふくぎ鍼灸院は、過敏性腸症候群に苦しむ方...

カテゴリー


Warning: mysql_real_escape_string(): Access denied for user 'fukugi'@'localhost' (using password: NO) in /home/fukugi/ibs-nagoya.jp/public_html/wp/wp-content/themes/wp-fukugi/functions.php on line 867

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/fukugi/ibs-nagoya.jp/public_html/wp/wp-content/themes/wp-fukugi/functions.php on line 867

ID:@yyi0081v

ページTOPへ

お気軽にお問い合わせください

052-734-9087

予約・お問い合わせ