過敏性腸症候群かな?と思ったら病院へ行くべき理由 ふくぎ鍼灸院のブログ

名東区高針台1-107 予約・お問い合わせ

ブログ

2017年11月27日

過敏性腸症候群かな?と思ったら病院へ行くべき理由

過敏性腸症候群治療専門ふくぎ鍼灸院の北川です。

原因不明の下痢や便秘があり腹痛も襲ってくる。これが長期間続くと不安になりますよね。

  • 私は何の病気なの?
  • もしかして、命に関わる悪い病気なんじゃ?
  • 病院へ行ったほうがいいの?

そう思って検索すると、多くの人が「過敏性腸症候群(IBS)」という病気に行き当たると思います。

この病気は日本人の7人に1人に当てはまる、困っている人が多い病気です。

bfb9035af582e131bbe4ae2cc10d2ba4_s

もしかしたら私は過敏性腸症候群なのかもしれない

こう感じた時に、病院へ行くべきなのか?

私は行くべきだと思います。

行った方が楽に生活できるようになる、と言ってもいいでしょう。

その理由と、病院へのかかり方をお伝えします。

 

慢性の下痢や便秘と合わせ腹痛が出るのがIBS

そもそも過敏性腸症候群とはどんな病気なのか。

世界的に決められた診断基準を見ていきましょう。病院でもそれを参考に診断を下します。

・過去3カ月間、1週間に1回以上腹痛があり
・排便で症状が改善する
・トイレの頻度が変わる
・下痢や便秘になる

要約すれば、このような症状のを過敏性腸症候群と考えます。

あなたは当てはまりそうですか?

参考:過敏性腸症候群かどうかの判断基準とは

 

慢性的な微熱や便に血がついたら危険な徴候

22553b9a00ac91fd7e7787d526379752_s

病院に行ったほうがいいと考える理由の一つは危険な病気でないかを調べるためです。自己判断は危険です。

先ほど紹介した過敏性腸症候群と思われる症状がある人の中でも、以下のような症状がある人はいませんか?こんな人は要注意です。

  • 微熱が続いてる
  • 血便が出る
  • 貧血が起こる
  • 体重が減り続けている
  • ストレスや食事のタイミングに関係なく症状が出る

これらが併発している場合、潰瘍性大腸炎・クローン病・大腸がんなど危険な病気につながる可能性があります。

心当たりのかる方は、できるだけ早めの受診をすすめます。

 

まずは近所の消化器内科を受診

何科に行けばいいですか?とよく質問をいただきます。

基本的には、近所の消化器内科、胃腸科がベストだと思います。近所になければ、内科でも問題ありません。

「消化器内科 地名」の検索で病院が出てきます。

そこで問診や簡単な検査を行い危険な病気が疑われると、大きな病院での検査をすすめられます。

そうでなければ、症状を抑える薬が処方されます。

もちろん先生によって診断や検査の仕方は様々なので、指示に従いましょう。

因みに私は何も知らずいきなり大きな病院へ行き、3時間以上待つことになりました。紹介状も持っていないため、高いお金も払うことになりました。

大きい病院へ行きたい場合は、まず近所の病院で紹介状をもらってから行きましょう。

 

不安が減るだけで症状は変わる

358062f3a00457e4bbb822cb2773c049_s

過敏性腸症候群は薬ですぐに完治する病気ではありません。

「だったら病院行っても意味ないんじゃないの?」

こう思われる方もいると思います。

しかし、この病気は不安が強くなれば症状が悪化しやすいのです。

  • 私は何の病気なのだろう
  • これはいつになったら治るのだろう
  • 明日もまた腹痛で苦しむんじゃないか

このような不安が症状を悪化させます。

病院へ行き危険がないとわかり、対処療法であっても症状を抑える薬をもらう。それだけで、かなりの不安は解消されます。

薬を飲み続けていたらいつの間にか治っていた、という人もたくさんいます。

まずは今の不安を減らすためにぜひ行動して下さい。

 

病名があるかないかで周りの対応が変わる

もう一つ、行った方がいいと考える理由があります。

それは、自分が病気だと周りの人に証明できる、ということです。

 

過敏性腸症候群であるかどうかは見た目でわかりません。

症状を伝えても「私もそういうことあるし、気にしすぎだよ」と言われたりします。

心の中で「いやいや、そんな甘いものじゃないんだって!」と思っても、なかなか理解してもらえないのがこの病気です。

何度もトイレに行ったり、遅刻すると学校や仕事場でサボりだと思われます。

私がまさにそうで、中学校では何度も先生に呼び出され悔しい思いをしました。

 

できれば、自己申告でみんなに辛さを認めてもらえる社会がベストだと思いますが、現実はそうではありません。

こんなとき、病院で病気だと言われているかどうかで周りの反応は変わります。

周りからのストレスを少しでも減らすためにも、病院受診を勧めます。

 

薬が効かなければ鍼(はり)治療という手も

21170333eaee3addbda0a2c049d29f82_s

病院で過敏性腸症候群だとわかれば、薬での治療になります。

しかし、多くの人を助ける薬も万能ではありません。

  • 全く効かない
  • 飲み続けたら効果がなくなった
  • 副作用が強すぎて飲めない
  • 根本から治したい

これらはふくぎ鍼灸院の患者さんからの声です。

もしあなたもこのように感じているなら、鍼治療をおすすめします

薬では効果がなかった多くの人が改善し、不安のない生活を送っています。

副作用はほとんどなく、あなたが元々持っている体の力を引き出し根本から問題を解決できます。

病院や鍼灸院をうまく利用して、ストレスのない日々を取り戻しましょう。

 

過敏性腸症候群の症例

患者さまの声

コメント

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

病院行くべき?, 過敏性腸症候群,

同じカテゴリーの記事を見る

おならや便秘にお腹の腸活ヨガ教室やります

おならや便秘にお腹の腸活ヨガ教室やります

代表の北川です。ふくぎ鍼灸院は、過敏性腸症候群に苦しむ方から...

過敏性腸症候群でも仕事をしていくために知っておきたいこと

過敏性腸症候群でも仕事をしていくために知...

当院へ来る患者さんから依頼が多いのが仕事に関するものです。下...

過敏性腸症候群ガス型で学校が辛い人へ2つのアドバイス

過敏性腸症候群ガス型で学校が辛い人へ2つ...

過敏性腸症候群ガス型の人が学校で感じる悩みガス漏れ、お腹の張...

カテゴリー


Warning: mysql_real_escape_string(): Access denied for user 'fukugi'@'localhost' (using password: NO) in /home/fukugi/ibs-nagoya.jp/public_html/wp/wp-content/themes/wp-fukugi/functions.php on line 872

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/fukugi/ibs-nagoya.jp/public_html/wp/wp-content/themes/wp-fukugi/functions.php on line 872

ID:@yyi0081v

ページTOPへ

お気軽にお問い合わせください

052-734-9087

予約・お問い合わせ