過敏性腸症候群(IBS)のさまざまな症状に対する豊富な治療実績をご紹介

名東区高針台1-107 予約・お問い合わせ

治療例

クローン病

【クローン病】下痢やお腹と背中の痛みが辛い中学生が症状改善した鍼治療例

患者さま

男性 10代

来院

2016年10月

症状

%e8%85%b93

昨年の夏頃から非常に強い腹痛と下痢に悩まされ始める。初めは近所の胃腸科に通院したが原因不明と言われ、今年の1月に専門病院にて入院検査を1か月行った結果、クローン病(小腸・大腸型)と診断される。

37度代の発熱や嘔吐がある。1日に6回以上強い腹痛が起こり、その度にトイレに駆け込むことがあり、強い腹痛で夜目が覚める事もある。また背中にも強い痛みが起きることがあり、腹部症状と同じくらい悩んでいる。

悪化する場合は前駆症状として口内炎が口や喉の奥にまで発症する。

学校生活では授業に集中できず、トイレや保健室の利用が度々あるため非常に困っている。

レミケードを2か月に1度点滴で使用しているが変化を感じていない。食事療法も行っており油分や食物繊維など消化しにくいものの摂取と食事量の制限をしている。

当院の内覧会に参加し、腹部や背中の痛みを軽減出来ることを知り来院した。

ID:@yyi0081v

ページTOPへ

お気軽にお問い合わせください

052-734-9087

予約・お問い合わせ