うんこ漏らしてしまったらどうしますか? ふくぎ鍼灸院のブログ

名東区高針台1-107 予約・お問い合わせ

ブログ

2017年07月02日

うんこ漏らしてしまったらどうしますか?

院長の市川です。

思わずタイトル買いしてしまった書籍の紹介です。

皆さん誰でも一度は「トイレ間に合わないかも!!やばい!!」となったことがあるのではないでしょうか。

著者の中西敦士さんは残念ながらトイレに間に合わず、世界一「道端でうんこを漏らしてしまった人」として知られています。

 道端でうんこをもらす

こんなショッキングな出来事を包み隠さず、どうしたらうんこを漏らさないですむのか?自分と同じように排泄に困ったことがある人は大勢いるはずだ、と考えました。そして本のタイトルのように、うんこが(おしっこも)溜まったかお知らせしてくれる排泄予測装置『DFree(ディーフリー)』の開発物語です。

開発するにあたり、開発・実験に協力してくれる人はどうするのか、便意を感じる前に便が溜まったことがわかるにはどうしたらいいのか、費用をどうやって集めるか、など様々な困難が待ち受けていました。

困難に立ち向かう中西さんや開発スタッフの行動力、情熱は素晴らしいです。その姿を想像すると昔よく見ていたプロジェクトXを思い出しました。

maxresdefault

 開発秘話

面白いなーと思った開発エピソードを紹介します。

一つは超音波を使って直腸に便が溜まった事を確認する実験を行わなければなりません。そのためにどこが直腸の位置か知らなければいけませんが、画像上だとどれが直腸かわからない。

そのためになんと肛門にソーセージを入れることで問題をクリアしました。

「別に実験には抵抗がなかったよ、必要なことやし。」とはその時の開発スタッフの言葉です。開発者根性、なんだかカッコいいですね。

もう一つは便意とは何か?を開発スタッフが語ったものを引用します。

便意というのは意識しだすと、常にあるように感じる。非常に感覚的なものなんだね。これまで単なる友達だと思っていた女の子を、一度意識しだすと、好きで、好きで、たまらないという思いにとらわれる。そんな恋心と一緒やね。

なんだか純愛小説を読んでいる気持ちになりました。肛門にソーセージを入れたスタッフと同一人物です。

期待の星

dfree

「DFree」は介護の現場や過敏性腸症候群(IBS)など排泄に困っている人たちから大いに期待されています。しかし残念ながら現時点ではまだ販売されていません。下痢や便秘、薬の影響でおこるお腹の問題がクリア出来ていないためです。 ですが近いうちに完成できるものだそうです。

ふくぎ鍼灸院にも常に便意を感じて困っている患者さんが大勢来ます。そんな方でも「DFree」があれば不安が軽減されるのでしょう。

治療経験から不安感が強い人ほど治療期間が長くなる傾向にあります。安心感が増せば鍼治療での改善も早くなることが予想できます。 「漏らしてもタダでは起きない」この発明品が一日でも早く完成することを切望しています。

コメント

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

10分後にうんこが出ます, DFree, 中西敦士,

同じカテゴリーの記事を見る

【お腹履歴書】長年苦しんだ過敏性腸症候群が薬と低フォドマップで改善したこへびさんの経験談

【お腹履歴書】長年苦しんだ過敏性腸症候群...

ふくぎ鍼灸院の北川です。今回は、Twitterで色々情報交換...

過敏性腸症候群かな?と思ったら病院へ行くべき理由

過敏性腸症候群かな?と思ったら病院へ行く...

過敏性腸症候群治療専門ふくぎ鍼灸院の北川です。 原因不明の...

消臭パンツ3種類の性能をニオイセンサーで比較してみた

消臭パンツ3種類の性能をニオイセンサーで...

ふくぎ鍼灸院の北川です。最近の患者さんで一番多いのが過敏性腸...

カテゴリー

ID:@yyi0081v

ページTOPへ

お気軽にお問い合わせください

052-734-9087

予約・お問い合わせ