鍼の治療効果が長期間持続する理由 ふくぎ鍼灸院のブログ

名東区高針台1-107 予約・お問い合わせ

ブログ

2017年04月07日

鍼の治療効果が長期間持続する理由

ふくぎ鍼灸院の市川です。

今日は鍼灸治療に限らず患者さんにとって気になる

鍼の治療効果っていつまで続くの?

という質問にお答えします。

答えからお伝えすると、当院のプログラムに従いしっかり良くなった方は

3ヶ月に1度のケアでずっと維持できます

そう言える理由とは。

もう体質だから、という諦め

続く

過敏性腸症候群(IBS)で通院している患者さんは発症してから年単位で悩んでいる人がほとんどです。

最長で約40年もの間、慢性の下痢で悩んでいた方もいました。

こうなってくると「もう体質だから仕方ない・・・」と諦めてしまいます。

そのような人が治療で改善しても「体質だからすぐ元に戻ってしまうのではないか?」と考えるのはある意味自然なことかもしれません。

最初に書いた通り、少しのケアで状態の維持が可能です。

もちろん風邪など体調の変化、睡眠不足や疲労、偏った食生活などから調子の波はあります。鉄の腸ではありません。

しかし、過敏性腸症候群じゃない人でも調子が悪ければお腹の症状が出ることがあります。

それと同じ事です。

なぜ効果が続くと言い切れるのか。

それは多くの患者さんからヒアリングを行っているからです。

悪化した症状がすぐに良くなったAさんのケース

回復

エピソードを紹介したいと思います。

ガス型に悩み来院されたAさん。

Aさんは当院の治療で症状が良くなりました。

しかし、再発しないか不安があるという事で月に1回程度、定期的に通院をされています。

ある日症状が悪化しました。

夜行バスに乗り、睡眠不足と疲れで治療開始前と同じくらいの症状が出たそうです。

2日間は強い症状が続き心配だったようですが、1日お休みをとったら自然と改善しました。

「以前の様に症状が続いたらどうしよう」とすごく心配だったそうです。

なぜ治ったのかといえば治療前よりお腹が緩んでいるので、自己修復能力がしっかり働く状態だったのです。カチカチだと、元に戻ろうとする力が弱くなってしまいます。

40年慢性の下痢があったBさんのケース

Aさんは1ヶ月に1度の治療を継続していますが、もっと間隔があいている方からも効果継続の話を聞いています。

鍼治療で40年続いた慢性の下痢が改善したBさん。

飲み過ぎ・食べ過ぎでお腹が緩くなるようですが、食生活を正せばよい状態に戻るそうです。

お二人以外にも、たくさんの方に協力いただき効果が継続していることを確認しています。

LINEやりとり

(画像本人了承済み)

なぜ効果が継続するのか

先程も書いた通り人間には元の状態に戻ろうとする修復力が備わっています。

長期間にわたるストレスや無理な生活が続くと、修復力が弱まり機能しなくなります。

一度弱まった修復力は、ただ休むだけでは回復しません。

当院の鍼治療は修復力をピンポイントで高めることができるため、症状が戻らない体を手に入れることができるのです。

鍼治療を通して、体の自立と自由を手に入れましょう。

コメント

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

エピソード, 治療効果,

同じカテゴリーの記事を見る

消臭パンツ3種類の性能をニオイセンサーで比較してみた

消臭パンツ3種類の性能をニオイセンサーで...

ふくぎ鍼灸院の北川です。最近の患者さんで一番多いのが過敏性腸...

ヨガで腹痛や下痢になる理由と対策法

ヨガで腹痛や下痢になる理由と対策法

身体が柔らかくなりたい、そう思って15年。ヨガやってみようか...

名古屋市の地下鉄東山線22駅の全トイレを調査したよ

名古屋市の地下鉄東山線22駅の全トイレを...

名古屋市市営地下鉄、東山線の各駅トイレ情報を掲載しています。...

カテゴリー

ID:@yyi0081v

ページTOPへ

お気軽にお問い合わせください

052-734-9087

予約・お問い合わせ