過敏性腸症候群でも仕事をしていくために知っておきたいこと ふくぎ鍼灸院のブログ

名東区高針台1-107 予約・お問い合わせ

ブログ

2018年07月02日

過敏性腸症候群でも仕事をしていくために知っておきたいこと

8e8e4dee4e1ddc76581d76524f551827_s

当院へ来る患者さんから依頼が多いのが仕事に関するものです。

下痢やガス、腹痛の症状で出社することが難しかったり、職場で迷惑をかけてしまうことで居場所がなくなってしまいます。

また、常にトイレの不安がつきまとうので営業などの成績が落ち込んだり、会社の飲み会が憂鬱になるケースがよく見られました。

しかし、過敏性腸症候群で病院へ行ったり薬を飲んでも改善しなかった症状が、鍼灸を受けることで改善し、仕事での不安を感じることなく働ける人が増えています。

過敏性腸症候群で仕事を続けるのは簡単ではありませんが、諦める必要はないのです。

「毎朝下痢と残便感がひどく、会社に行けない。助けて。」

「勤務時間が長いので睡眠が取れず、慢性的にガスが漏れて辛い。もう仕事を辞めるしかない」

「腹痛で仕事に集中できずストレスがやばい。休みの日は1日中寝てる。」

 

過敏性腸症候群の人に向いた職場

859be494242037ef480f8559c340da6b_s

過敏性腸症候群のガスや下痢、腹痛の症状に悩み、仕事を辞めたり、休職したまま次の一歩を踏み出せないケースがたくさんあります。

このまま仕事を続けるべきか、新しい仕事はどのような職場を選ぶべきか悩むと思います。

考え方によっては、仕事にストレスが少なく症状を治すチャンスのタイミングでもあります。

病院へ行きしっかりと検査をしてもらい、適切な薬を飲むことは重要です。

また、ストレスが少ない環境は鍼灸治療の効果を高めやすく、多くの人が症状を改善させ仕事に復帰しています。

仕事に復帰すると症状が出ることもありますが、以前ほど悪化せず必要に応じて鍼灸治療を継続することで働き続けることがでるのです。

 

過敏性腸症候群ガス型の人に向いた職場

ガス型の人でもできる仕事や就職先として、通勤のない在宅で完結するもの、ガスを気にしなくていい農家、自分の裁量が大きい自営業などが挙げられます。

ガス症状はストレスが原因として大きいので、たくさんの人と会う接客業やノルマがきつい営業を避けるのも大事な対策です。

事務職であっても、日中は営業で全員出払うので、ガスを気にせず仕事ができるという職場もあります。

比較的小さめの組織が狙い目かもしれません。

 

過敏性腸症候群下痢型の人に向いた職場

下痢がひどい人は、ガス型以上に勤務できる職場が限られてきます。

ガス型と同じく、通勤がなく自宅で自分のペースを守りながらできる仕事がベストでしょう。

逆にいわゆるブラック企業は休みがなく睡眠時間も短くなってしまうため症状が悪化しやすい環境です。

薬を飲んでも効かないという人の中には、そもそも環境の問題が原因のこともあります。

下痢型の人は職場というよりも、自分にあった治療、食事、薬を見つけるのが先決かもしれません。

 

過敏性腸症候群で転職を先として出るデスク・在宅ワーク

過敏性腸症候群の人ができる仕事を探して転職を考える人は少なくありません。

その中でも、デスクワークや在宅ワークは多くの人が考える選択肢ですので、その部分について考えていきます。

デスクワークの仕事をしている人から聞く声として、静かで周りに人が多い環境だとガスを我慢して腹痛になったり、何度もトイレに行くことでサボっていると思われ辛いというものがあります。

過敏性腸症候群の人の症状を考えると、デスクワークでも比較的人が少ない職場が向いていると考えられます。

在宅ワークはパソコンでの作業、絵や文章を書くことが好きであれば十分仕事にできると可能性があります。

クラウドワークスなどから仕事を探したり、Twitterなどで自分の存在を示すことで仕事を得ている人もたくさんいます。

自営業ですので仕事としては安定していませんが、過敏性腸症候群の症状を気にしなくていいと考えと非常に魅力的です。

今の仕事が好き、どうしてもやりたい仕事があるという人は一度休職してでもしっかり治療を受けることをオススメします。

ふくぎ鍼灸院でも、「今の仕事をどうしても続けたいから」と治療を受けに来る方がたくさんいます。

 

面接はあなたが職場を見定める場でもある

018434aa464621668920a7ea591e5d13_s

大学の卒業や再就職のために会社の面接は必ず通らなければいけない不安材料です。

面接時に自分が過敏性腸症候群であることを告げるべきか悩むと思います。

また、再就職の場合「なぜ、前の職場を辞めたのか」という質問は高確率でされるため、どのように答えるべきか難しいところがあります。

私の意見として、その職場で長く働くつもりがあるなら、できるだけ面接時に過敏性腸症候群であることを伝えたほうがいいと考えます。

伝えてそれが原因で落とされる会社なのであれば、辛さを理解してもらえる可能性は低く結局は長く働けないでしょう。

「少しずつ伝えていけば」と考えるかもしれませんが、話さない期間が長ければ長くなるほど後で言うのは勇気がいります。

便やガスが漏れるという症状は直接的に言うのは難しいと思いますので、「お腹が弱くトイレに行く回数が多い」というように、少し症状はぼかして伝える方法もあります。

面接は、会社が採用するべきかを選別する場であると共に、あなたにとって働ける職場かをどうかを選別する場でもあるのです。

トイレの数や自分の働く環境などもしっかり確認しましょう。

 

辛くて働けなくなる前に早めに受診しよう

過敏性腸症候群の症状により仕事を辞めてしまい働けないという患者さんはたくさんいます。

下痢や腹痛で通勤ができなくなったり、ガスが気になって職場にいられなくなります。

症状が辛くなり欠勤や休職するのに困るのが理由説明です。

症状の説明をしても「そんなことは誰でもある」と言われ理解してもらえません。

それを防ぐために病院で病名を出してもらい、診断書を頂いて会社に提出すると病気であると理解してもらいやすくなります。

過敏性腸症候群の場合は消化器内科や心療内科がいいですが、診断には時間がかかることがあるので早めに受診ておくといいでしょう。

症状が重く働けなくなり退職し、無職になると仕事のストレスは減りますが、先のことを考えると不安でいっぱいになります。

仕事を辞めることで症状は改善しますが、再就職すると症状も戻ってしまうケースがあります。

休職中に鍼灸治療を受け仕事のストレスに耐えられる体を作ることで復職してからも症状が出ないよう治療ができます。

コメント

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

仕事, 職場, 転職, 過敏性腸症候群, 面接,

同じカテゴリーの記事を見る

過敏性腸症候群ガス型で学校が辛い人へ2つのアドバイス

過敏性腸症候群ガス型で学校が辛い人へ2つ...

過敏性腸症候群ガス型の人が学校で感じる悩みガス漏れ、お腹の張...

腹痛とともに便秘や下痢を繰り返す過敏性腸症候群 混合型の治療

腹痛とともに便秘や下痢を繰り返す過敏性腸...

過敏性腸症候群混合型の治療 下痢と便秘を繰り返すIBSの症状...

過敏性腸症候群でセンター試験の別室受験や席の特別措置をする方法

過敏性腸症候群でセンター試験の別室受験や...

院長の市川です。センター試験が終わり、大学入試の季節となりま...

カテゴリー


Warning: mysql_real_escape_string(): Access denied for user 'fukugi'@'localhost' (using password: NO) in /home/fukugi/ibs-nagoya.jp/public_html/wp/wp-content/themes/wp-fukugi/functions.php on line 872

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/fukugi/ibs-nagoya.jp/public_html/wp/wp-content/themes/wp-fukugi/functions.php on line 872

ID:@yyi0081v

ページTOPへ

お気軽にお問い合わせください

052-734-9087

予約・お問い合わせ