下痢や腹痛など腹部症状治療の特徴と考え方 過敏性腸症候群(IBS)の適応症状

名東区高針台1-107 予約・お問い合わせ

適応症状

腹部治療について

下痢や腹痛など腹部症状治療の特徴と考え方

大きな考え方として「ストレスがあっても耐えられる体にする」ということを目標とします。

よく「ストレスがあるのが悪い」と言われますが、学校なり職場なり生活する上でストレスがないことはありませんし、ストレスがあるからこそ活かされている部分もあります。

その中で一部の人だけがストレスにより体に影響が出るということは、ストレスだけでなく体にも問題があると考えられるからです。

体のどこを見るのか

%e8%a7%a6%e8%a8%ba

腹部症状がある方は、皆さんお腹の筋肉が固くなっています。反射によって内臓の不調はお腹の固さにあらわれることがわかっています。

逆に、お腹が固くなりすぎると内臓へ悪影響もあります。

この場合、病名が何かということよりもお腹のどこが固いのかを最優先で確認し、それを緩めることを第一目的とします。

お腹の緩め方

%e8%b6%b3%e3%81%ae%e9%8d%bc

お腹を緩めると言っても、お腹に直接鍼は打ちません。

固くなっているお腹は非常に敏感で、直接打つことで痛みが出やすくなります。強い痛みは治療結果に悪影響を及ぼします。また、筋肉へ直接打つと一時的にお腹は緩みますが、すぐに戻ってしまいます。

ふくぎ鍼灸院ではお腹を固くする原因となる手足のツボを使って施術することで、強い痛みや戻りやすさが起こらないようにする独自の治療を行っています。

整動鍼独自の腹部治療

%e3%81%8a%e8%85%b9%e7%b5%b5

一般的な鍼でも手足からお腹を緩めることがあります。しかし、高い効果を出すためには、ピンポイントで硬い場所を緩める必要があります。何となくの変化では何となくの効果しか出ません。

当院が採用している「整動鍼」という技術では、お腹を左右合わせて38箇所に細分しそれぞれの場所に対応したツボを使用します。これにより、固くなった場所をピンポイントに狙うことが出来るため少ない鍼で高い治療効果を出すことが出来ます。

このような方法で、体質を変えていき根本的な解決を目指していきます。

即効性と持続性

実際の施術では患者さんもお腹の固さを確認して頂いた上で鍼を打ちます。

ツボに当たっていれば、1本打った直後にお腹が緩んだことを確認して頂きます。

その緩みを内臓まで影響を与えるためには時間がかかるため、10分ほど鍼を刺した状態でお待ち下さい。これを2,3本繰り返し1回の治療が終了となります。

たくさんの箇所に鍼をして多くの場所を緩めれば良さそうですが、多くの鍼を使用すると最初に施術した場所の効果は下がってしまいます。

一番最初に施術する場所は一番緩めたい場所ですので、その効果が持続できるよう少ない鍼しか使用しません。

結果として、刺激が少なく短時間での治療を可能にしました。

客観的で継続的な評価

患者さんの最終的な目的は、お腹が緩むことでなく症状がなくなることです。ふくぎ鍼灸院もそれを目指しています。

症状の変化を共有し改善しているか確認できるよう「チェックシート」を導入しています。

記入していただくことで症状を点数化することが出来るため客観的に評価することが出来ます。

患者さんも日を追うごとに効果を実感しやすくなります。

ID:@yyi0081v

ページTOPへ

お気軽にお問い合わせください

052-734-9087

予約・お問い合わせ