IBS便秘型について 過敏性腸症候群(IBS)の適応症状

名東区高針台1-107 予約・お問い合わせ

適応症状

過敏性腸症候群(IBS)の診断基準と治療法

IBS便秘型について

ここでは過敏性腸症候群(IBS)の便秘型について説明していきます。

IBS便秘型とは

通常の便秘とIBSの便秘、その違いは何でしょうか。

IBSの大きな特徴に腹痛があります。腹痛がないものは通常IBSと診断されません。

つまり、便秘とともに腹痛の症状がある。そして、他の病気が見つからない場合はIBSの便秘型である可能性が高いということです。

ここでいう便秘とは通常3日以上の排便がないことを言います。

慢性便秘とは何が違うの?

女性に多いとされる、いわゆる慢性便秘との違いは大きく2点です。

①痛みを伴わないこと

②下剤を使わない限り下痢になることは稀であること

腸や血液の検査をしても問題なく、IBSの基準にも当てはまらない場合慢性便秘とされます。

便秘型の症状

便秘型の方は以下のような症状が見られます。

  • 便意はあるのに便が出ない
  • 便がスッキリ出ず、残便感がある。
  • 便秘が続いてお腹が苦しい
  • お腹の痙攣するような痛みがある
  • 腹痛が続きトイレから出られない
  • 便秘の薬を飲んでもなかなか効かない
  • 便意を感じることがほとんどない

便秘型の方は「ガス型」も併発していることも多くあります。

IBSガス型の原因や治療、考え方

また、下痢と便秘を交互に繰り返す「交代型(交互型)」の場合もあります。

便秘型の薬

便秘型の治療は通常投薬で行われます。主に使われるのは下剤ですのでその種類を紹介します。

  • 増量性下剤→コロネル・バルコーゼ など
  • 刺激性下剤→センノシド・テレミンソフト など
  • 浸透圧下剤→ミルマグ・マグコロール など

食物繊維で便秘を解消する

自分で便秘を改善するのに重要なのが食事です。多くの人がご存知の通り、できるだけ多くの食物繊維を摂取することが大切になります。

食物繊維は

  • 野菜
  • 果物
  • 豆類
  • 小麦粉(全粒粉)
  • 木の実や種

などに多く含まれます。意識して摂取することでいきまずに排便でき、便の通過を速めます。

合わせて水分を多くとりましょう。食物繊維を多くとっても水分が少ないと逆効果です。また、寝起きコップ1杯の水も合わせると効果的です。

食物繊維摂取の注意点

便秘の方が食物繊維をたくさん摂取する際に注意してほしいことがあります。いわゆるガス型と言われる普段からおならが気になる人は、悪化する可能性があるのです。具体的にはおならの量が増えたり、お腹の張りが強くなります。

食物繊維の量を少しずつ増やしていき、そのような不調を感じた場合はあなたに合っていない可能性があります。調子を見ながら進めていきましょう。

便秘型の鍼治療の考え方

IBSの便秘はストレスなどでお腹の緊張が強くなりすぎたために、腸の働きが低下していると考えます。便秘のあなたのお腹、自分で触ってみても脂肪の下はカチカチではないでしょうか?

これを改善するためには、お腹を中心とした体の緊張や硬さを改善する必要があります。

当院では鍼(はり)を手足にあるツボへ打つことで、緊張部位を緩め改善を目指していきます。

IBSでない慢性便秘でも同じような治療で改善可能です。薬に頼らず便秘に悩まない毎日を提供します。

ID:@yyi0081v

ページTOPへ

お気軽にお問い合わせください

052-734-9087

予約・お問い合わせ